空と白い吐息と

2004/12/28



 空を見上げた。
 寒い青だった。
 寂しくて痛くて切なくて、時おり軋むように心臓が鳴きわめく。


 白い息が、溶けて空に吸い込まれていった────



「何、見てるんだ」
 後ろから聞こえた声に、ラビは揺らす視線で応えた。
「んー、空?」
 緩やかな黒髪と歌うような声が、寒さの中では心地いい。ラビはくすぐったそうに笑う。
「…楽しいのか?」
 上を向く顎につられ、神田の顎も上へのラインを辿る。
 ビロードのような空から、何億光年も先の細やかな光が目に届く。
「楽しくはないケド。似てると思ってサ、オマエに」
「ワケわかんねェ」
「そ? だって、超キレーじゃん」
 あの冷たさとか色合いとかも、似てると言ってラビは笑う。
「届かないんだなぁ、どーやっても。あの雲なんか届きそーなトコに見えんのにさ」
 暗い空に浮かんだひと波の純白。伸ばしたラビの手に覆われ、酷く頼りなさを思い起こさせた。
 不意に手を伸ばしても、届くことなく遠のいていく。
「こんなに近くにいんのに、届かないんだなぁ……ユウに」
 隣りにいてくれる。これほど嬉しいことはない。
 だけどその距離は近いようでとても遠く、儚く散ってゆく。
 ラビは神田の髪をツイと引っ張り口づける。緩やかに、笑みながら。
「…オマエのそのカオ、気に食わねェ」
「…そ? 俺はユウのカオならどんなんでも好きだけど」
 神田はチッと舌を打つ。
 戦友の、だれかれ構わず振りまく笑顔。誰を彼をも撥ね退ける、当たり障りのないバリア。
 どこまで本気か知れたもんじゃない。
「オマエが嫌いだ」
「俺はユウが好きだよ」
 口唇が合わさる。
「やめろ」
「ヤダもん」
 口唇が血の味になる。
 こんなに近くにいるのに届かなくて、こんなに傍にいるのに触れても脆い。
「どんだけキスしたら、俺とユウの間の壁、消えんのかな」
「…知らねェよ、そんなもの」
 吐息が感じられるほどの距離で、神田はラビを拒絶する。
 その言葉に、ラビは悔しそうに笑った。
「ほら。届かねェ…なあ…」
 白い吐息も、遠い空に奪い去られて────