また今日も諦められず-Alto-

2008/05/16


 なんでミハエルなんだろう。
 授業中にも関わらず、オレは机に頬杖ついて考えた。


 そうだなんでミハエルなんだ。
 ミハエルなんか、意地悪いし女好きだし、オレのこと姫とか呼ぶし。
 なんであんなヤツ、好きになっちまってんだよオレ。


 オレだってそれなりに悩んだりもしたんだ。
 別に男に興味あるわけじゃないのに、ミハエルのこと考えるとすげぇドキドキするし、苦しくて泣きそうになって、一応オレも男だから我慢して、ため息ひとつで思考を変える。
 でもミハエルの姿が見えないと不安になるし、視界の隅にでも入ってこようもんなら途端に口の端が上がる。
 最初はただ、ライバルとして見てるんだと思ってた。
 筆記も実技も負けてんのが悔しくて、必死でやってんのにアイツはオレの前を走ってくんだ。だからずっと、ミハエルのこと見ちまうんだと思ってたのに。


 アイツが女と楽しそうに街歩いてんの見たら、ものすげぇショックで目の前が真っ暗になった。


 女の子は口説くのが礼儀。そう言っているのをいつだか聞いた気がする。実際、歯の浮くような口説き文句を使っているのも何度か見たことがある。
 だけど本心からの言葉じゃないことが分かっていたから、それでも平気だったんだろう。
 特定の女がいたことを知ってショックを受けて、次の日のテストはボロボロだった。
 不審がったミハエルに、何があったんだと顔を覗き込まれて、熱くなった身体にようやく自覚した。


 オレはミハエルのことが好きなんだ。


 だけどそんなこと本人に言えるわけもなくて、何でもないようにやり過ごしてきたつもりでいる。
 ミハエルのことを好きなんだと自覚してから、ため息は多くなってしまったけれど。
 彼女と別れてフリーになったと噂で聞けばホッとして、新しい彼女ができたと聞けばまたかと落ち込む。今は何人目なんだろうな。
 アイツはオレを姫と呼ぶけど、オレはれっきとした男だし、アイツの彼女にはなれそうもない。だいたい、好きだからどうしたいってわけでもないんだ。
 ただ、アイツが少しでもオレを見てくれるんなら、それでいいなんて女々しいこと考えて。
 なんだよこれ。あり得なくね?
 男なんか好きになって、こんなこと考えて、授業にすら身が入らない。
 ミハエルのせいだ。
 もういい、あんなヤツやめてやる。好きじゃねぇよ、あんな女たらしっ!
 今日だってきっとデートとか何とかで寄り道しやがるに決まってんだ。
 ミハエル、お前なんかな、


「アールトー姫ー。HRも終わったのに帰んねーの?」


 突然聞こえたミハエルの声に、え、と顔を上げる。
 うそだろそんな時間経ってんのか!?
 気づけば他のヤツらは帰り支度をしていて、オレは半分意識が飛んでいたことに気づく。


「授業中も上の空だったな。何か心配事でもあるのかお姫様」
「べ、別にねぇよ!」
 お前にいつ【本命】ができるかなんてそんな心配、してねぇ、し。
 よく考えたらお前みたいな意地の悪いヤツ、オレが好きになるわけねぇんだし。
 絶対ただの気の迷いだ。
「ふーん?」
 ……あ? 授業中も上の空って……み、見てた? オレのこと見てたのかっ……?
 あ、バカかオレ、たった今、気の迷いだって思ったはずだろ。こんなヤツ好きじゃないんだ。見てようが見ていまいが関係ねぇ。
「まあいいや、買物付き合えよ姫。アイランドに新しいとこできたらしいんだ」
「……え、買物? 今日はデートとかじゃねぇのか?」
「デートは明日」
「ああそうかよ」
 お前なんか。
 お前なんか。


「何か悩んでるんだったら、他のヤツより先にオレに言えよアルト。いちばん最初にだ」


 ……ちくしょう、大好きだこのやろう。