また今日も言い出せず-Michael-1

2008/07/01


 キミは誰とキスをする?
 そんな出だしの歌を、最近よく耳にする。ヒットチャートの上位に入ったとかなんとか補足されているのを聞い たことがあるが、本来そんなことに興味はない。
 ズ、とストローでアイスコーヒーを啜りながら、俺はガラス越しに見える人の波を眺めていた。



 あー、そうなんだよな。俺にとっては、この歌が何位になろうが興味がない。流行の歌くらいは知っておこうと 思うけど、それだけだ。
 興味があるのは、今隣に座っている男が、いったい誰とキスをするのかということ。
 恋愛方面にあまり興味がないのは、見ててもよく分かる。アルトが興味あるのはバルキリーと空くらいなもんだ ろう。
 ほら、今だってため息なんかついて。俺の方はお姫様とデートができて幸せだっていうのにさ。
「どうしたんだ姫、そんな大きなため息をついて。……好みの女の子、通らない?」
 アルトの好みに適いそうな女の子は、窓の外を通っただろうか。こいつの好みなんか、わかりゃしないんだけど 。分かってたら、そういう女は徹底的に排除でもしてやるのにな。
「うるせぇよ、てめぇと一緒にすんな」
 俺が窓の外眺めてたからって、いつも女の子物色してると思ってんのか、このお姫様は。
 まったく、人の気も知らないで。
 ……言ってないんだからしょうがないけど。
「機嫌悪いな。お姫さまは気まぐれだ」
「姫って言うな!」
 ああ、もう、複雑だ。
 からかって【姫】と言い出したのは俺なんだけど、今じゃ学校中に広まってしまっている。俺だけの呼び名でも 良かったのに。
 こいつを姫と呼び出したあの頃に自分の気持ちに気づいていたら、少しは状況も違ったんだろうか。
 好きだ。好きだよアルト。もうどーしようもない。
 ノーマルどころか女好きで通ってる俺が、今さらお前に好きだって言っても、冗談だろからかうな、で一蹴され るに決まってる。
 俺だって何度か諦めようとしたんだぜ、アルト。
 今日だってなあ、こんな鈍感なヤツやめてやるって思ったんだ。時間をおけばまた前みたいに綺麗なお姉さんに 興味も向くさと。
 だけど、ついさっきまで選んでたアクセサリーを、お前真剣に見てくれてさ。【女よりお前と一緒にいる方が楽 】なんてことまで言ってくれちゃって。
 お前はそんなつもりなかったかも知れないけど、本当に嬉しかったんだぞ。
 俺に似合うアクセサリーを真剣に選んでくれたことも、他の誰より俺といる時間を選んでくれたことも。今だっ て制服の下に、さっき買ってきたネックレス着けちまうくらいに。
 そんなこと、お前は知りもしないんだろうけど。
「お、あの子イイなあ」
 報われない想いを払拭しようと、ガラス越しに見える通行人を適当に眺める。確かに好みに近い女性ではあった けど、今はアルトより惹かれる女なんて、いやしねぇのに。
 いっそ、誰か面倒のない女と付き合った方がいいんだろうか。
「……なあミハエル、お前は誰とキスをする?」
 ぼんやりとそんなことを考えていたら、アルトの口からとんでもない言葉が出てきた。
「…………は?」
 思わずアルトを振り向いて、もう一度言ってくれと返そうとしたが、聞こえてきた歌のフレーズに納得してしま う。
「ああ、あの歌のこと?」
「お前には耳が痛いんじゃないのか? いったい何人【お知り合い】がいるんだか」
 ……お前は俺をどういう男だと思っているんだ。あれか、何人もの女と同時に付き合ってて痴情のもつれも刃傷 沙汰も日常茶飯事なんて思っているのか。
「人聞きが悪いな、いつだって一人に絞っているよ。サイクルが早いだけで」
「自慢できるようなことじゃねーだろ。特定のヤツと長く続けるとか、ねぇのかお前は」
 まあ、自慢できるようなことではないな。何人とヤッただの吠える男は三流の、いきがったただのガキだ。
 俺だってね、できることなら一人に絞りたかったよ。だけどしょうがねぇだろ、飽きちまったまま付き合うのも 、本命がいる状態で付き合うのも、相手にとって失礼だ。フェミニストな俺にはできないね、そんなこと。
 一応綺麗に別れているつもりだし、付き合っている間は本当にそのひとだけにキスをしてきた。
 いちばん最近付き合っていた彼女には、好きな子ができたと打ち明けたら殴られたけどね。片想いだしその子以 外とはもう誰とも付き合わないと言ったら、頬にキスをくれたのを覚えている。
 誰とキスをするか、なんて。
 考えて、苦笑した。
 キスをするならアルトがいい。
 叶うはずもないのにな。
「姫は? そういう姫は誰とキスをするんだ?」
「えっ……」
 最近アルトの周りには中々レベルの高い子がちょろちょろするようになった。あの歌姫たちがアルトに恋をして いるのは一目瞭然で、俺に取ってはライバルなんだけど、そんなこと誰にも言えやしない。
「ランカちゃんかな、それともシェリル? どっちつかずのお前にぴったりの歌じゃないか」
 可能性があるとしたらこの二人。学校の連中は問題外だな、彼女らはアルトを偶像化してちやほやしたいだけだ から。そんなんで姫の口唇を奪おうなんて、俺が許さないさ。
「なんであいつらが出てくんだよッ! キ、キスとか、そういう関係じゃ……ねぇし」
 お前はそう思っててもね、向こうは違うかもしれないじゃないか。あれだけあからさまにアピールしている女の 子をそんな言葉で片付けられるとは、大物だねお前。
 歌姫たちに奪われる前に、いっそ寝ている隙にでも俺が奪ってやろうか、アルト姫。
 お前は隙がありすぎて、こっちは理性抑えるのに精一杯だなんて、知らないんだろ。
「あれ、もしかして姫はキスしたことないのか?」
 からかうように言ってみたけど、それは確信に近い。女の子と付き合ったということは聞いたこともないし、恥 ずかしそうに俯いてる今の反応見たって、アタリだろう。ちくしょう、可愛いんだよこのやろう。
「じゃあ、キスしたらファーストキスになるんだな。できたら言えよ、お祝いでもしてやるから」
 馬鹿かよ俺。祝うなんてできるわけねーだろうが。アルトが、勝ち誇ったようにキスしたなんて言ってきたら、 嫉妬でどうにかなりそうだ。
「うるさいお前。自分が色々済んでるからって」
 想像しただけでももう、震えるくらい我慢できないのに。
 そんな風に思って、ごまかすためにハハハと笑う。その次に言葉をつなげることができなくて、グラスの中の氷 をストローで弄んだ。
 がしょがしょと鳴る氷の音が耳障りで、思考が整理できなかった。
「キミは誰とキスをする?……か」
 アルトは誰とキスをするんだろう。俺はこの先、誰とキスをするんだろう。
 がしょん、と氷が鳴った。




NEXT