華家



ふわふわ


 そろそろマズイかなと思い始めたのは、至の飲むペースがひどく緩やかになったからだ。
 会社の飲み会ならば、至は自分でセーブする。そもそもあまり飲み会自体に参加しないようなのだ。それは千景も同じことで、実際飲み会で同席したのはほんの数回。
 それでも、至の飲み方は知っていた。

 至は決して酒に弱い方ではない。飲み過ぎないようにというよりは、ただゲームがしたいから酒に溺れたくないだけだったんだなと、素の彼を知って思う。エリートの皮を被るのは得意のようで、最初に“同類だ”と思ったのはその辺りだった。
 そんな理由に加えて、茅ヶ崎至というイケメンエリートを狙っている連中は男女問わずいるようで、そういった席ではギラついた目をした者が二~三人いた。前後不覚になって、気がついたらホテルでしたなんてことも、可能性としては充分にある。
 理解してなのか、そうでないのかは分からないが、至は一定以上のラインを誰にも越えさせなかった。良く言えば分別のつく人間で、悪く言えば周りを信用していない。


 だけど、今日は勝手が違う。MANKAI寮の談話室で、気の置けない相手たちと楽しく飲んで過ごすだけ。たまに飲み比べなんてこともやっているみたいだが、会社の飲み会とは雰囲気も気楽さも違う。

「茅ヶ崎」

 隣に座る至の目蓋が、もう少しで上下くっつきそうになっているのを確認して、千景は自身のグラスをテーブルに置いた。

「無理するな」

 そう言って至のグラスを取り上げ、中身をクイと呷る。ぬるくなったワインはあまり美味しくなかったが、これが至の中に入るよりはマシかと嚥下した。

「むりじゃ……ないれす……」
「どこがだ」

 舌っ足らずの返答にため息を吐けば、気がついた他のメンバーからも声がかかる。

「あれ、至はギブアップかな?」
「珍しいな、いつもはわりと遅くまで回らないのに」
「至……大丈夫?」
「ん~」

 聞いているのか、いや、聞こえていたとしても、言葉としては認識していないはずだ。至からは幼さを帯びた音が発せられる。珍しいものを見ている、とこの劇団のメンバーをしても思わせるのだろう。東の手が至の髪をそっと撫でた。

「ん……」

 心地良かったのか、至が千景の腕に額をすり寄せてくる。東にほんの少し嫉妬した思いも吹き飛んで、逆に頭を抱えたくなった。どうしてくれようこの馬鹿、と。

「おやおや。随分と甘えてるね、千景」
「……コイツが素面の時に言わないでくださいね、東さん」
「分かってるよ。もう戻る?」
「コイツ部屋に放り込んできます。あとはまあ……気分で」

 訳知り顔の東にそう言って、至の肩を揺する。茅ヶ崎、と小さく声をかけても、ふにゃふにゃと言うだけでまともに応答してくれない。

「部屋に行くぞ。立って、茅ヶ崎」
「まだ……にょめう……」
「むちゃくちゃか。面倒くさいな」

 まったく、と呆れたため息を吐きながら、背中を支えて膝の裏に腕を入れた。息を吸い込むのと同じタイミングで抱きかかえれば、左京が気を利かせてドアを開けてくれる。

「ありがとうございます」
「水持ってってやる」

 左京はその足でキッチンへ向かい、水の用意をしてくれている。ああこんな和やかな寮では、そりゃあ至の気も緩んでしまうなと、千景は抱きかかえた恋人を見下ろし足を踏み出した。

「お前がいたから、余計に気が緩んだんだろうな」

 水の入ったグラス片手に追いついてきた左京が、短いため息とともにそう呟く。この口振りでは、左京も東と同様知っているらしい。言ったつもりもないのだけれど、どうして誰も彼もにバレているのだろうか。

「いつもは、こんなふうにならないんですか」
「ああ、ならねぇな。ほぼほぼゲーム片手にちびちび飲んでやがるだけだ」

 なるほど、と納得してしまう。
 千景も忙しい身の上だ、この劇団は居心地がいいけれど、そう頻繁に交流していられない。今日は久し振りに体が空いて、東たちの誘いに乗れたのだ。
 それでさっきの左京の言葉か、と、ほんの少し面映ゆい気持ちになる。
 気を許している劇団メンバーのみ、その中にさらに恋人である千景がいたことで、至のリミッターを解除してしまったらしい。

「少し、気をつけて見といてやれ」

 部屋の前について、左京がドアを開けてくれる。至の、散らかったパーソナルスペースに眉を寄せつつも、テーブルにグラスを置き、多くは言わずに談話室へと戻っていった。
 千景は至の体をそっとソファに下ろし、状態を確認する。
 まだむにゃむにゃふにゃふにゃ言っているが、アルコールで気分が浮ついているのだろう。嘔吐感や目眩などはなさそうで安心した。
 水を飲ませるのは起きてからでいいかと、ひとまずベッドから布団を下ろすことにする。暑い季節ではあるが、せめて何か掛けていないと風邪を引いてしまうだろう。
 はしごに足をかけて腕を伸ばし、ブランケットを引きずり下ろす。ソファで丸くなっている至にそれを掛け、そっと髪を撫でた。ふわふわとした感触は手に心地良くて、ずっとそうしていたいふわふわ気分だ。

「ちかげさん……」

 至の唇から漏れる、自分の名。

「茅ヶ崎?」

 起こしてしまったかと思ったが、彼は九割夢の中。寝言か、と息を吐いた。
 普段は「先輩」と呼ぶことが多いのに、いったいどんな夢を見て名を呼んでいるのかと、聞いてみたくなる。
 だがきっと起きたら忘れてしまっているのだろう。今は幸せそうなその声に、ただ照れるしかできない。

 千景は愛しさに緩んだその唇で、至の頬にキスをする。

「今度は二人で飲もうか。おやすみ、……至」

 そうして至の寝息が響く一〇三号室で、静かに愛機の電源を入れるのだった。



2018/06/14
 
  
designed