華家



掴んで、息を吐いて、指でなぞって、それから


 ふっと意識が浮上する。見慣れたホテルの天井が視界に入り、今何時だろうと視線を巡らせれば、珍しい物体を発見した。

「……先輩」

 隣でタブレット端末に指を走らせている卯木千景の姿。思わず驚いた声を上げれば、気がついた千景が視線をよこしてくる。

「起きたのか。おはよう茅ヶ崎」

 昨夜体をつなげた相手に向けるものとはとても思えない声音に、至はひとつ瞬いた。ああこの人はいつもこうだなと思いつつ、短く息を吐いて体を起こす。

「どういう風の吹き回しです? あなたが朝までいるなんて」

 視線を同じ高さにして端末をのぞき込めば、何のことはない、世界情勢のニュースページ。面白みがないなと残念がる気持ちと、仕事ではないのだと思う安堵がごちゃ混ぜになった。

「どういういやみだ?」
「だって先輩、俺とこんなことしても朝までいた例しがないじゃないですか。片手で数えてもまだ余りますよ」
「そうだったかな」
「……まあ、いいですけど。その分イイ思いさせてもらってますし」

 ベッドの中でストロベリートークを楽しみたいなんて、青臭いことを言うつもりはない。そもそも千景と甘いトークなんて思いつかない。そうするくらいなら、逃したゲーム時間を少しでも取り戻そうと思うだろう。

「ねえ」

 至は端末を握る千景の手首を掴み、瞳をのぞき込んだ。レンズは千景の瞳の色を隠し、なかなか読めない。それがもどかしい。同時に、こちらの事情を読まれないで済むのはありがたかった。

「そのせいなんですか? 昨夜のセックスが、いつもより早く終わったの」

 ようやく、千景の瞳がまっすぐにこちらを見据える。
 物足りないとは思わなかった。どこもかしこも千景に暴かれて、散々に啼かされて、意識を飛ばす寸前まで高ぶらされたのだから。いつもと同じように、朝にはいなくなっているものだと思ったからこそ、至も遠慮なく乱れた。
 それなのに、この時間までいるなんてずるい。そんな思いが腹の中で渦巻く。
 こんな時間までベッドにいる相手を、逃すなんてもったいない。そんな欲望が、体中を駆け巡る。

「この関係始める前に言いましたよね? 俺を満足させてくださいって」

 笑う至の目許。すっと細められる千景の目蓋。探り合いながらも隠し合うような視線のやりとりが、ぞくぞくするほど欲をかき立てた。

「……まあ、あれで満足してもらったら困るかな」
「よかった。先輩のがあんな程度じゃ、興醒めですよ」

 千景の手から、端末が滑り落ちる。それはシーツの上を滑り、ベッドの下まで落ちてしまった。ゴトリという鈍い音が合図だったかのように、互いの唇が重なった。

「ん……っ」

 忍んできた舌先を引き込んで搦め取り、肩に腕を回して二人でベッドに倒れ込んでいく。千景の重みを感じて、至は安堵した。
 こうできて初めて、自分の気持ちを覆い隠せる。セックスの最中のアイテムとして、千景を好きなフリをしているのだと言ってしまえる。

「んぁ……ふ」

 こうして熱い吐息を混ざり合わせても、そういう行為なのだからとごまかしてしまえるはずだ。

「茅ヶ崎。煽った責任は取ってもらうけど、構わないよな?」

 ベッドでよく聞くその声だけで欲情してしまう。ぞくぞくと背筋が震えた。至はそっと手を伸ばし、千景の唇を指でなぞる。

「心配しなくても、搾り取ってあげますよ」

 こちらはもう随分前から恋心を搾り取られているのだからと、音にはしないで笑ってみせた。





 確かに、ベッドでおはようと言うのは珍しかったかもしれない。千景は至の体をベッドに押さえつけながらふと過去に思いを馳せた。
 茅ヶ崎至とこういう関係になったのはいつからだったか。きっとお互いの気まぐれと、お互いの過ちと、千景の落ち度からだ。
 こんなふうになるつもりはなかった。いくら〝仕事〟の後で好戦的になっていたからと言って、大事な家族に手を出すつもりはなかったのに。

「先輩、俺を抱いてるときくらい俺に集中してくださいよ……」

 呆れと拗ねた思いを混じらせた声が聞こえてくる。千景はひとつ瞬いて、情欲に頬を染めた至を見下ろした。
 この男はいったい、何をどこまで気づいているのか。それでも決定的な言葉にしないあたりが好ましい。
 危険な世界に身を置いていることに気づいていながらも、至は何も言わない。やめろとも、聞かせろとも。ときおり探るような視線を向けてくるが、暴かせるようなドジは踏んでいないはずだ。
 気づいているのだとしても、暴かせはしない。暴くのはこちらの方だと、至の体に触れる。

「茅ヶ崎、俺の眼鏡外して。お前に集中してやるから」

 そう言って口の端を上げれば、面白そうに至の瞳が揺れた。

「相手の眼鏡外すとか、エロいですね」

 上げられた両手が、ゆっくりと頬を包む。そのまま眼鏡のつるをつかんだ指先は、千景から眼鏡を奪ってくれた。
 だけどレンズのない素のままの視線が重なったのは、ほんの数秒。千景の眼鏡はそのまま至の目を覆い、再びレンズ越しに視線がやりとりされた。

「俺の眼鏡して俺に抱かれるとか、どんな気持ちかな」
「ハハッ、わりとアガりますねこれ。視界まで先輩に犯されてる感じ」

 レンズの向こうですっと細められた目に、ぞくりと背筋が震える。視線ひとつで煽られて、唾を飲んだ。暴かれてしまわないようにと、至の手首をつかんでベッドに押しつける。

「それは結構。確かに少し、倒錯的な気分になるね」

 額が合わさるくらい顔を近づけて、いつもとは違う感覚に熱い息を吐いた。指で至の体のラインをなぞり、まだ何もしていないのにピンと勃った乳首をはじく。

「ん」

 なるほど、分かりやすい反応だと口角を上げた。素直な体はいいなと、至とこんな関係を続けている理由を思い出す。

「あ、先輩……、あ、あっ……ン」

 この反応と、踏み込み過ぎない距離のわきまえ方、かといってガチガチに隠し通さなくてもいい気楽さ。
 それだけ。それで間違っていないはずだ。

「あぅ……、や、だめ、先輩だめ、そこ、い……や」

 指にさえこんなに貪婪に反応して、いやだと言いながら誘い込む。会社ではあんなに完璧なエリート面をしている男が、欲に溺れるところが見たいだけだ。寮ではあれだけゲームに熱中して他のことには見向きもしない男が、自分のことしか考えられなくなる様を見たいだけだ。

「先輩、ねえ、入れて、くださ……これ以上じらされたら、俺……っ」

 早くと求められるたびに、ふつふつと湧き上がってくるこの感情は、いったい何なのだろう。

「……不可解だな」
「え、なに、あぁっ……あ、ん、んっ」

 求めに応じて至の中に入り込んだとき、幸福そうな顔をする彼の顔に、胸が締めつけられるのは、いったいどういうことなのか。
 支配欲とは少し違う気がする。性欲だけとも言い切れない。

「先輩、もっと、あっ、あ……ぁ、イ……いっ、いい、千景さん……っ!」

 荒い息の中、ときおり呼ばれるその音に、どうしようもなく胸をかきむしりたくなる。ごまかすように髪をかき上げ、至の唇を塞ぐのも、これが初めてではない。

「んんっ、んんぅ……――」

 びくびくとわななく体をさらに揺さぶり、何度も啼かせてしまう。昨夜からで、もうどれだけ絶頂を迎えたのか分からなくなった。

「先、輩、なんか今日、いつもと違い、ません?」

 ぐったりと手足を投げ出した至が、途切れ途切れにそう呟いてくる。ギクリと体が硬直したが、気を取り直して「そんなことないだろう」と返してみせた。

「ん……まあ、朝だし、気分も違ったんですかね……」
「何が言いたいんだ、茅ヶ崎」

 千景の中の迷いは、至に伝わってしまっていたのだろうか。あんなに密着していれば、ダイレクトに通じてしまうのかもしれない。
 至はかけていた眼鏡を外し、汚れを拭き取る。気まずそうに、それでもどこか嬉しそうにそわそわとして、千景の耳に両手で眼鏡をかけてくれた。


「そんな、俺に惚れてるみたいな顔して抱かないでくださいよ」


 至の震える唇が、千景の唇をかすめていく。濃密なつながりとかすかな触れ合いのギャップが、思考を混乱させた。

「……えっ?」

 数秒遅れて、至の言葉が脳に届く。

 惚れてる、みたいな、顔をして?

 パズルがはめ込まれていくかのように、ひとつひとつの音が体の中に染み込んでくる。
 いったいどんな顔をしていたのかと考えるより先に、顔の熱が上がってくるのを自覚した。

「……え?」

 それは表に現れているのか、口にした至まで硬直している。気のせいか、彼の顔も赤いように見えた。

「……え」
「……え」

 ひとつ分かったことがある。
 だけど認めたくはない。

 恋は唐突に気がつくものだなんてこと――。



2018/05/12
診断メーカーのお題より。
ベッドでおはようを言う/手首を掴む/熱い息を吐く/指でなぞる
  
designed